2017/08/15

金剛山

久しぶりの金剛山!酷暑トレーニングで「中尾の瀬」コース

2017年8月12日(土) 曇り時々晴れ

宜しければ「登山」ボタンへ応援クリック
お願いしま~す。
  
にほんブログ村

今回は久しぶりの金剛山と久しぶりのブログUPです。

決して山登りをサボっていたわけでは無く、ブログUPをサボっていただけです・・・(笑)

20170812-15.jpg

今日のコースです。

初めは青崩道で登る予定が誰も登っていなかったので急遽変更でした。
20170812-0.png

急遽変更で先行者さん2組がこちらから登っていかれたので地図を見ると怪しげな道でしたが先行者さんの後をついて行けば良いか・・・の気持ちで付いてゆきました。
20170812-1.jpg

踏み後とかテープも少なく登山路ですが先行者さんにピタッとくっ付いて進んで行きました。
(楽チン・・・)
20170812-2.jpg

今日は曇りがちの中、川沿いを歩くので比較的涼しい~
20170812-3.jpg

途中、先行者さん2人が休憩されたので登山路を確認させて頂くとこの場所から直進が「石デブ」方面で危険との事、右手は比較的安全な登山路の事、で先行者さんは目の前のロープ場を登る尾根コースを進むと言うことなので後を付いて行かせて頂くことにしました。
20170812-4.jpg

 このコースは「中尾の瀬」コースみたいです。
 「スベリやすいので注意」との事                 確かに・・・・(写真は緩やかそうですが実際は急ですよ)        
  20170812-5.jpg  20170812-6-2.jpg

  途中、上から川面を見ると急でしょう!            見上げるとまだまだロープが続きます。
  20170812-7-2.jpg  20170812-8.jpg

  ロープ場を登りつめると先行者さんが「ここからは1本道なので延々と登ると明確な登山路に出ますよ」と説明して頂いたので、ここからは先頭に立ち一人ぼっちで寂しく登ってゆきます。

途中に休憩場所があったので少し休憩し、さらに一人ぼっちで登ってゆきます。
  20170812-11.jpg  20170812-10.jpg  

高度千mぐらいのところまで登ると綺麗な休憩場所があり、本日最初のザックを降ろして休憩をとりました。

周りは人の気配もなく心がしんみりとなってきたので、スマホで位置確認し今まで登ってきた登山路は反映されていませんが明確な登山路はもう少しです。
20170812-9.jpg

すると、人の声が聞こえてきたので明確な登山路は近い!ハズ・・・

ふと、横を見ると標識があり「中尾の瀬」と記されてあり、ついでに「キケン」とも記されていました。
(登ってから言われてもな・・・)
20170812-13.jpg

やっと出ました「明確な登山路」おそらくダイトレルートだと思います。
先行者さんが言っておられた「六道の辻」です。
ここからはスマホの地図と一致しましたので安心です。
20170812-14.jpg

「六道の辻」からは傾斜も緩やかとなり30分弱かな・・・金剛山山頂広場に出る事が出来ました。
山頂は3連休ともあり大勢の方がこの場所で記念撮影をされていました。
到着時間は11時前だったので実際は定時に配信されるライブカメラに写ろうとされていたみたいでした。
(記念撮影をしようと思ったのですがこの人らは邪魔です(`o´))
(11時を回っても実際に写っているかをスマホで確認していて邪魔(`o´))
20170812-15.jpg

人がすくのを待っている間に私は昼食タイムでカップラーメンを美味しく頂きました。
・・・で人が居なくなったので自撮でちょうどよく逆光で顔が真っ暗
20170812-16.jpg

大阪平野とその奥には大阪湾と六甲山がかすかに・・
右手にはPLの塔が小さく写っています。
20170812-17.jpg

  PLの塔のズームUP                        PLの塔にはあまり関係は無いのですがキノコ
  20170812-18.jpg  20170812-20.jpg

さぁ、お腹も一杯になったので下りは青崩道を通って帰ろう
20170812-21.jpg

途中にある休憩場で「セト」に到着です。
休憩の必要は無かったのですが椅子があったので腰を降ろしてしまいました。
20170812-22.jpg

安全な登山路。
20170812-23.jpg

後少しで駐車地に到着~
20170812-24.jpg

今日は久しぶりにブログUPと酷暑トレーニングで8月後半には北アルプスに向けて頑張ってきま~す。

北アルプス遠征への応援クリックをお願いします。
   
にほんブログ村





スポンサーサイト
2017/05/28

山登り

初めて登る扇の山!でも雨の中を・・・

ブログランキングに参加しています。
宜しければ「登山ボタン」に応援クリック
お願いしま~す
    
にほんブログ村

2017年5月27日(土) 雨

以前から登りたいと思っていた「扇の山」に山仲間さんから山菜採りに行きませんかと連絡を頂き5名で登ってきました。

自宅を出るときは青空で今日も清々しく登れるな・・・と思ったのは?この時だけでした(^^;)

今回、登ったルートです。
 chizroid_map-05.png

扇の山は兵庫県と鳥取県の県境でその証ですよ!

 DSC_0081-05.jpg

登山口近くの上山高原避難小屋駐車場に到着した時は小雨から本降りとなり今回は中止にしようか決行かと悩んだ挙句に行けるところまで進む事に、皆さん雨具を着こんで出発しました。

雨具を着て登ったのは5年前に蘇武岳に登って以来で嫌なにですがなんか新鮮な気持ちです。
でも本当は快晴が良いな~

 IMG_7131-05.jpg

駐車場を出て振り返ると雨降りとガスで視界は悪し~

 IMG_7132-05.jpg

しばらく車道を進むと道脇に「サンインシロカネソウ」の蕾を発見。

朝早かったので下山時には咲いているかな?

 IMG_7134-05.jpg

同じところの上部には「サンカヨウ」が咲いていました。

急な斜面と雨で近寄れなく残念です。

 IMG_7135-05.jpg

更に進むと除雪された雪が道脇に壁となって現れました。

今は5月の半ばなのにこんなにも雪が残っているとは・・・

 IMG_7139-0527.jpg

30分ほど進んだ所に「小ヅッコ登山口」に到着しました。

さぁ、ここからが登山路開始です・・雨の中を・・・

 IMG_7140-0527.jpg

小ヅッコ登山口から直ぐのところにある「小ヅッコ小屋」です。

中に入ってみるとストーブとか調理器具がおいてあり緊急時には使えるのかな?

 IMG_7142-0527.jpg

小ヅッコ小屋で少し休憩後、再び歩き出すと山仲間さんが「コシアブラ」発見し少し採取しました。

ここでも全部取らずに少し残し木が枯れないように気を使いました。

 IMG_7144-0527.jpg

コシアブラ採取後、山頂に向け進むとブナ林ゾーンに入りました。

雨とガスで辺りは幻想的な雰囲気を醸し出しており、こんな景色も良いな~

 IMG_7146-0527.jpg

そして、今度は「大杉」を発見。

この大杉にも名前があるみたいですが不明です。

          IMG_7151-0527.jpg

長さは短いですが木道があり落ちないように渡ります。

 IMG_7152-0527.jpg

雨は少し小降りになり登山路には残雪が・・・今年の積雪量がかなり多かったのでしょうね!

 IMG_7154-0527.jpg

更に進むと山仲間さんが何かを採取されていたので見てみると「スズコ」を取っておられたので私も少し採取しました。

今日のおかずはコシアブラとスズコの天婦羅ですよね!

スズコの採取に懸命になり歩いていると急に避難小屋が姿を現しようやく扇の山山頂に到着出来ました。

こんな雨の日に登ってこられるのは我々だけと思っていたら次から次へといろんな登山口から大勢の方が登ってこられました。

 DSC_0067-05.jpg

山頂避難小屋の中に入るり2Fへ上がるには靴を脱がなければならないが綺麗に掃除してあるので快適でしたよ!

ここで皆さんと昼食タイムで~す。

外は小雨とガスで殆ど展望がなく皆さんとの会話だけが楽しいひと時でした。

昼食を終え再び雨具を着て下山して行きます。

 DSC_0070-05.jpg

再び残雪ゾーンを滑らないように進み・・・

 DSC_0072-05.jpg

幻想的なブナゾーンを進み・・・

 DSC_0078-05.jpg

ようやく登山口に到着出来ました。

登りの時と違う登山口です。

 DSC_0080-05.jpg

登山口から駐車場に戻る途中に「サンカヨウ」を発見です、朝露を吸って花弁が透明になるとの事でしたがチョットイマイチでした。

 DSC_0083-05.jpg

こちらもイマイチですが小さくてかわいい花ですね!

             DSC_0094-05.jpg

駐車場に戻る途中で雨がやみ、そしてガスも晴れてきて、皆さんと雨の中を登っている時に「下山したら晴れてきたりして・・・」てな事を話していたらその通りになりました(>_<)

まっ、これも山登り・・・

 DSC_0097-05.jpg

今日は出かけるときは快晴だったのに現地に到着すると雨模様、絶えず雨具はザックに収納していたので難なく過ごせました。

やっぱり山登りは何が起こるかわからないので準備は大事ですね!


ブログランキングに参加しています。
宜しければ「登山ボタン」に応援クリック
お願いしま~す
    
にほんブログ村

2017/05/28

山登り

山菜採りで巨樹の森、蘇武岳へ! Part1 Ⅱ

2017年5月14日(日) 晴れ時々曇り

ブログランキングに参加しています。
宜しければ「登山ボタン」に応援クリック
お願いしま~す
    
    にほんブログ村

前回の続きです。

前回、蘇武岳への登りの途中で「コシアブラ:(山菜の女王)コシアブラの名前の由来は、かつてこの木の樹脂(あぶら)を絞り、濾したものを漆(うるし)のように塗料として使われていたからだそうです」を採取しました。

今晩は、天婦羅でコシアブラを頂くつもりです(^∇^)

 DSCF-3690.jpg

またまた歩いているとピンクの「イワカガミ」を発見。

 DSCF-3718.jpg

次は白の「イワカガミ」を発見。

 DSCF-3717.jpg

最後は白とピンクの間でロゼ色の「イワカガミ」を発見しました。

 DSCF-3720.jpg

皆さんでイワカガミの鑑賞を終えブナ林の間を登って行きます。

少し急でしんどかった~

 DSCF-3722.jpg

急坂を登り終え尾根に出ると5月の半ばなのに残雪がありました。

決して寒くはないのですが今年の雪は多かったんだろうな!

 DSCF-3723.jpg

すると、シアブラの木を発見です。

山仲間さんもアブラコブシ取りに懸命になっておられ、決して最後の葉までは取られずに少し残して来年のために残しておきます。

全てを取ると枯れてしまいますからね!

 DSCF-3726.jpg

蘇武岳までの最後の急坂を登りようやく山頂に山頂に到着出来ました。

山頂では風が少し強かったので少し下がった所で昼食タイムにします。

7人の山仲間さんと楽しく昼食を取り、終えると大杉とアガリコブナの鑑賞に向かいます。

 DSCF-3727.jpg

通常は山頂から4つの山を越えて行くのですが今回はチョット楽をしたUP・Downのない林道を通って行きます(#^.^#)

でも、残雪とがけ崩れで用心して歩いてゆきます。

 DSCF-3728.jpg

と、いきなりですが大杉山山頂に到着出来ました。

最後の登りはキツかったですが・・・

 DSCF-3729.jpg

大杉山の由来である大杉です。

周りは近づけないように縄が張ってありますので遠くから鑑賞します。

                DSCF-3731.jpg

反対側からの眺めです。

                DSCF-3732.jpg

これは、「シロヤシオ」だったかな。咲き乱れていました。

 DSCF-3734.jpg

ここからが下り坂の本番でホント道なき道を激下りで下って行くと「アガリコブナ」を観賞できる場所に行けます。

これはアガリコブナ?

近くで見ると圧巻ですね!

                DSCF-3735.jpg

あたりは静かなとこですよ。

我々のしゃべる声以外は・・・

 DSCF-3736.jpg

こちらが一番大きい「アガリコブナ」です。

 DSCF-3737.jpg

最後の急坂を無事に下り終えようやく登山口が見えてきました。

登山口で見かけた花です。

 DSCF-3740.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ「登山ボタン」に応援クリック
お願いしま~す
    
にほんブログ村


2017/05/22

山登り

山菜採りで巨樹の森、蘇武岳へ!

2017年5月14日(日) 晴れ時々曇り

久し振りのブログUPですが
応援クリックをお願いしま~す

にほんブログ村
DSCF-3690.jpg

ホント!
久し振りのブログUPです。

2月頃からの雪山登りで少し左足指を痛めてしまい低山ばかりだったのでblogをUPするまではと思っていたら2ヶ月あまりUPしていませんでした(´・_・`)

昨日、長引く足の痛みなので病院に行ってみると左足の指2本が疲労骨折していました・・・

痛みがある中、この時期に恒例となっている巨樹の森、蘇武岳へコシアブラ取りに山仲間さん7人と出かけて来ました。

DSCF-3692.jpg

8時に道の駅 神鍋高原に山仲間さん7名と待ち合わせをし、そろってからは皆さんと万場スキー場駐車場へ移動し山登りスタートです。

しばらくは、道脇に咲いている花を観賞しながら登山口まで歩いて進み増し、

今日は良い天気で良かった~と思うのは今のうちだけですが・・・

 DSCF-3691.jpg

駐車場から20分ぐらいで「蘇武岳 大杉山 万場登山口」に到着です。

 DSCF-3693.jpg

登り始めて直ぐに「ヤマシャクヤク」に出会えることが出来ました。

毎年、この時期に同じところで出会える花です。

 DSCF-3694.jpg

少し登った所からは山道らしくなりワクワクしてきます。

 DSCF-3695.jpg

この新緑のシャワーを浴びながら進んで行きます  ホント癒される瞬間です。

辺りは巨樹の森らしくなってきました。

 DSCF-3696.jpg

DSCF-3697.jpg

そして、巨樹の1番目は「夫婦カツラ」です。

リッパですね!

感動です!

 DSCF-3699.jpg

辺りは巨樹がポツリポツリと待ち構えています。

              DSCF-3701.jpg

なんで、こんな形になるのかな?  ふしぎ~

    DSCF-3702.jpg

あっちにも・こっちにも巨樹だらけ~

でもこの坂は結構しんどいんですけど・・・

 DSCF-3703.jpg

中々リッパでしょう!

               DSCF-3704.jpg

この辺りが一番好きなところですよ。

DSCF-3705.jpg

チョットぶきみ~ですね。

               DSCF-3707.jpg

私も、皆さんも少し疲れ気味で頑張って登っていますね。

 DSCF-3706.jpg

少し休憩しながらこの急登を登って行きます。

 DSCF-3709.jpg

後、少しで急登が終わりますよ。

でも、そこから先は、また長い階段が待ち受けていることを私は知っています(T_T)

 DSCF-3710.jpg

その長い階段の写真をパスし、いきなり山菜採りで「コシアブラ」ゲットです。

もう少しだけ頂き今夜は「コシアブラ」の天婦羅で一杯いやいっぱい飲みます。

 DSCF-3713.jpg

これは何の花だったかな?

 DSCF-3712.jpg

少し長くなったのでこの続きは後半へ・・・

足を引きづりながらの山登り
おおげさ~
応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
2017/03/20

蘇武岳Part:2

前回のリベンジで蘇武岳へ! Part2


   
応援クリックお願いしまーす

2017年3月4日(土) 晴れ時々曇り

 3587-1703.jpg

コース:村岡ファームガーデンから大糠コースでのピストン  距離:9.9Km

 chizroid_1703.jpg

前回のリベンジで蘇武岳へ!Part1からの続きでまだ山頂にはたどり着けていませんが、ここから山頂までは約1時間弱くらいかな?

前方の少し白くなっているところが「蘇武岳林道の展望台」辺りだと思うのですがそこまでの急登をヒィーヒィー言いながら登って行きます。

 スマホで撮った写真に指が・・・
 0092-1703.jpg

何とか「蘇武岳林道」に到着し前方に展望台が見えています。

こんな状態だとここまでは当然車ではこれません!

チョット展望台に立ち寄ろうかな?と思いましたが往復するのはしんどいのでこのまま反対方向の山頂目指して頑張ります。

 3582-1703.jpg

山頂への尾根路では1合目付近で先行された方の足跡だけが点々と、この足跡が大変助かって私の体重ではツボ足になるのが多く足跡をきっちりと通ると少しましです。良かったo(^▽^)o

 3584-1703.jpg

やっと、山頂に到着し前回のリベンジ成功!

山頂の赤い服着ている方は名色方面からスノボ担いで登ってこられこれから名色方面にスノボで下山される方です。

 3585-1703.jpg

今日の昼飯です。

カップラーメンとチョット気に入っているカレーメシです、これはカップの中にお湯を入れ5分待ってからふたを開けかき混ぜるとカレーライスの出来上がりです、これのスパイス味が気に入っています。

山頂で熱いカレーライスが食べれるとは・・・

 3586-1703.jpg

と、カレーメシをかき混ぜているとスノボの方がビューンと下られて写真が間に合いませんでした、のでスノボの後だけ・・・

 3588-1703.jpg

食後のティータイムを終えマッタリした後は、下山して行きます。

下山では雪質が緩んできたのかツボ足になるのが増え結構でしんどいです。

 3595-1703.jpg

木の影が綺麗ですね!

 3596-1703.jpg

危険な馬の背を過ぎたところで、アイゼンで下山するのを諦めワカン装着します、ワカンは軽く小さいので良いですね!

 3598-1703.jpg

ここまでくれば後少しです。

安心できませんが多分安心です。

 3600-1703.jpg

   
応援クリックお願いしまーす